公共工事設計労務単価推移

 

関 係 各 位

                    令和4年2月18日

 

 

~警備のプロにふさわしい適正な警備料金を~

令和4年3月から適用する公共工事設計労務単価の公表

 

山形県は今年度も前年に引き続き、A、B共にアップしております

 

 A : 1級または2級検定合格警備員を示す

 

B : A以外の警備員を示す 

 

      2013   2014   2015   2016   2017   2018  2019 2020 2021 2022

A

  9,600  10,500   11,400    12,300    13,100 

 

13,500

 

 

14,500

 

 

14,700

 

15,500

(+800)

16,100

(+600)

B

 8,900 9,500 9,800 10,600 11,300

11,600

 

12,400

 

12,600

12,900

(+300)

13,500

(+600)

※ 令和4年の公共工事労務単価に必要経費(法定福利費・労務管理費等)をプラスした金額 A :  22,600円 B : 19,000円

 

【山形県以外の東北各県の労務単価:円】

県別 交通誘導警備員A 前年比 交通誘導警備員B 前年比

青森県
14,100

+600

12,100 +500
(19,800) +800 (17,000) +700

岩手県
15,000 +500 12,800 +500
(21,100) +700 (18,000) +700
宮城県 16,400 +500 13,700 +500
(23,100) +700 (19,300) +700
秋田県 14,200 +600 12,000 +500
(20,000) +900 (16,900) +700
福島県 16,400 +500 13,700 +500
(23,100) +700 (19,300) +700

   

4188411_s.jpg1600909_s.jpg

              

                  ↓  こちらから公表資料がご覧いただけます

 

 

※ 国土交通省(公共工事設計労務単価の公表について)      

 

 013.JPG

 協同の杜JA研修所 桜