警備業務について

警備業法上、大きく4つに大別されております。        

1号業務・2号業務・3号業務・4号業務さらに

それぞれの業務の中で細かい業務内容や配置基準があり、

必要とされる警備員検定資格等が定められています。

 

                            
 1号業務 
施設警備業務         
巡回警備業務
保安警備業務
空港保安警備業務
機械警備業務
 2号業務 交通誘導警備業務
雑踏警備業務

 

 3号業務

 

貴重品警備業務
核燃料物質等危険物運搬警備業務
 4号業務 身辺警備

 

                                       警備員ペア.jpg
 

 

 法定教育制度

◇新任教育

新たに警備業務に従事する警備員は、新任教育を受けてから警備業務に

就くことができます。

最低限習得すべき基本教育を学び、さらに業務別教育を受けた後に

各現場において実地に教育を受けます。

基本教育と業務別教育(20時間)

 

◇現任教育

現任の警備員は、年度ごとに現任教育を受けます。

現任の基本教育及び業務別教育は、各業務、現場の実態に即した

教育を実施し警備員の知識及び能力の維持向上を図っています。

基本教育と業務別教育(10時間)

 

 

 

【 警備業に係る各種申請等手数料一覧 】

 

pdf 警備業に係る各種申請等手数料.pdf (0.06MB)

 

 

 

 

 

常駐警備.jpg交通誘導警備.jpg現金輸送警備.jpg

警備保安.jpg身辺警備.jpg

 

 

Today's Schedule